筑後地区で一番元気のあるバイクショップです!
TWカスタム・WR250・トリッカー・セロー・DS250・クォーターバイク  YSP・南くるめ

2015年10月19日

ロードレース世界選手権第16戦オーストラリアGPの結果!

ロードレース世界選手権第16戦オーストラリア大会のMoto-1クラスのリザルト&レポートがヤマガレースサイトよりアップされています。
下記の情報は記事の抜粋になります。

ロレンソが2位表彰台を獲得!
ロッシは4位で、チャンピオン争いはさらに激化

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソとV・ロッシが見ごたえあるレースを展開。ロレンソは2位、ロッシは4位でヤマハのマニュファクチャラーズ・チャンピオンが決定。ロレンソはロッシとの差を11ポイントまで詰めた。

ロレンソは予選3位から好スタートを切り、M・マルケス(ホンダ)をパス。ロッシがC・クラッチロー(ホンダ)に阻まれる間にもロレンソは全力でペースを上げ、第8コーナーでA・イアンノーネ(ドゥカティ)をとらえてトップに浮上。しかしドゥーハン・コーナーでは後退を余儀なくされた。次の2ラップは激しい展開。ロレンソ、イアンノーネ、マルケスのトップ3台が互いに何度もポジションを入れ替え、ロレンソが再びトップに返り咲くと、今度は素早く逃げ切り態勢へと転換。後続のロッシ、マルケス、イアンノーネが一旦はロレンソに追いついたものの、3台でバトルする間に再び差が開いてゆく。残り15ラップの時点で1.2秒差まで拡大したが、その2ラップ後にはマルケスがロレンソのテールに追いついてバトルに持ち込む。そしてふたりが競り合いを始めると、その間にイアンノーネとロッシが差を詰めていった。

残り6ラップ。後方からの追撃を察知したロレンソは果敢な攻めでトップに浮上。そのままリードを広げたいところだったが、マルケスもあきらめず、ついには抜き返されたが、2位表彰台を獲得しロッシとの差を再び縮めることに成功した。

一方のロッシは、7番グリッドから好スタートを切り、1ラップ目で6位へ浮上。しかしクラッチロー、D・ペドロサ(ホンダ)に行く手を阻まれる間にトップ争いから水を開けられてしまうが、3ラップ目でふたりをとらえ、さらにその2ラップ後にはトップ争いに加わった。

その頃、ロレンソはトップを快走。わずかなポイント差を競り合っているロッシは、少しでも前へ出ようと全力でプッシュしてゆく。そしてファステスト・ラップを記録する激しい走りでマルケスを追っていると、残り9ラップのドゥーハン・コーナーでマルケスがはらんで後退。ところがロッシとイアンノーネが競り合う間に、マルケスが再び抜け出してトップのロレンソを追って行った。

ふたりのイタリアンがふたりのスパニッシュを追う激しい展開。残り6ラップで追いつくと、残り4ラップではロッシがイアンノーネをパスして3位へ浮上。次のラップにはマルケスのインに飛び込みパスを試みたが、ここでイアンノーネが前へ。そして最終ラップではロッシが再び仕掛けたが届かず、4位でチェッカーを受けることとなった。

この結果、ロッシは合計296ポイントでランキングトップをキープ。ロレンソが11ポイント差で追っている。

詳しい情報は下記URLよりヤマハレースサイトを覗いて下さい!
        ↓       ↓      ↓
http://race.yamaha-motor.co.jp/motogp/2015/rd16/151018-rd16.html#_ga=1.27884476.1259041305.1403230983

  


Posted by kurutodo at 14:22Comments(0)

2015年10月19日

昨日開催の全日本ロードレースJSB1000の結果でーす!

昨日18日開催された全日本ロードレース第8戦JSB1000クラスのリザルがヤマハレースサイトよりアップされています。
今回もYZF-R1に乗る中須賀克行選手が優勝し3位には同じくYZF-R1に乗る野左根選手が入りました。
ヤマハファンとしては大満足ですね(^。^)y-.。o○
下記の書き込みは記事の抜粋になります。

中須賀克行が5戦連続ポールポジション獲得!
5連勝とともに岡山国際で5年連続優勝し4連覇に王手

YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行が、岡山国際で行われた全日本ロードレース第8戦で、予選から完璧なライディングを披露。全日本ロードレースで5戦連続ポールtoウィン、岡山国際では5年連続で優勝を遂げ、全日本最高峰クラス、前人未到の4連覇に王手をかけた。

10月16日(金)の練習走行で、前年に中須賀自身が打ち立てたコースレコードを非公式ながら上回ると、17日(土)の公式予選では1分27秒182という驚愕のタイムを記録。従来レコードタイムを1秒2も上回りポールポジションを獲得。

18日(日)の24周の決勝レースでは、絶妙なスタートを切ってホールショットを奪った中須賀は、オープニングラップにして2番手の柳川明(カワサキ)に1秒4の差をつける。そして13周目に高橋巧(ホンダ)が柳川をパスして2番手に上がるが、この段階で中須賀は高橋に11秒の大差を築いていた。

その後、ラップ遅れが出て一時的に中須賀のラップタイムが落ちる場面もあったが、1分29秒台を維持しながら周回を続けると、今季5度目のポールtoウィンを達成。岡山国際では5年連続での勝利となった。

一方、予選6番手からスタートしたYAMALUBE RACING TEAMの野左根航汰は、スタートでやや出遅れたもののオープニングラップを6番手で戻ってくる。そして3周目に加賀山就臣(スズキ)、6周目に中冨伸一(ヤマハ)、さらに17周目に柳川をパスすると3位でチェッカーを受け、今季3度目の表彰台に立った。また、YAMALUBE RACING TEAMの藤田拓哉は10位でレースを終えている。
詳しくは下記のURLよりヤマハレースサイトを覗いて下さい。
    ↓     ↓     ↓
http://race.yamaha-motor.co.jp/jsb1000/2015/rd08/151018-rd08.html#_ga=1.94950556.1259041305.1403230983


  


Posted by kurutodo at 13:59Comments(0)