筑後地区で一番元気のあるバイクショップです!
TWカスタム・WR250・トリッカー・セロー・DS250・クォーターバイク  YSP・南くるめ

2016年05月30日

全日本ロードレース選手権第3戦JSB1000結果です!

全日本ロードレース選手権第3戦もてき大会が昨日5月29日に開催されました。
今年も中須賀選手は好調みたいですね\(^o^)/
≪以降はヤマはレースサイトの記事の抜粋になります≫

中須賀克行が開幕2連勝、昨年から9戦連続でポールtoウィン
野左根航汰は激しい2位争いの末、今季初の3位表彰台を獲得

2016年の開幕戦、鈴鹿サーキットでの200km耐久を完勝で終えた「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」の中須賀克行。シリーズ戦はツインリンクもてぎへと舞台を移し、昨年と同じ23周でレースが争われた。そしてポールポジションからスタートした中須賀選手は、見事なスタートダッシュを決めると、独走で開幕2連勝、昨年からの連勝記録を「9」に伸ばしました。

5月28日、今年初めて行われた予選方式「TOP6サバイバル」で中須賀は、新コースレコードを樹立するとともにポールポジションを獲得。これで、昨年から9レース連続でポールポジションを獲得したこととなる。

5月29日(日)の決勝レースでは、見事なロケットスタートから一気にペースを上げると、オープニングラップにして2番手の柳川明(カワサキ)に0.909秒差をつけた。さらに中須賀選手はペースを上げていくと、3周目に約3秒、7周目には約6秒の大差を築き上げた。

レース序盤にして独走体制を固めた中須賀選手は、その後もライバル勢を上回るラップタイムで周回を続けると、2位の津田拓也(スズキ)に20秒083の大差をつけて開幕2連勝、昨年から9レース連続でポールtoウィンを達成した。

「YAMALUBE RACING TEAM」の野左根航汰は、柳川明(カワサキ)、渡辺一樹(カワサキ)、津田拓也(スズキ)ら、トップライダーと前半から2位争いを展開。実力は拮抗し、激しく抜き差しを繰りながら終盤に突入した。そして、最終ラップの第5コーナーで野左根が渡辺一樹を抜いて2番手に浮上。しかし、130Rで渡辺一樹をパスして3番手に上がった津田に、S字カーブ入口で抜かされてしまい、津田が2位、野左根は3位でゴールとなった。また、野左根のチームメイトである藤田拓哉は、マシントラブルもあり転倒してリタイアに終わった。
(詳しくは下記URLよりヤマハレースサイトを覗いてください)
http://race.yamaha-motor.co.jp/jsb1000/2016/rd03/160529-rd03.html#_ga=1.97849183.1502206816.1460953503

  


Posted by kurutodo at 12:54Comments(0)

2016年05月29日

レストア作業の始まりでーす!

             お店の色とは違う2ストのレストアがいよいよスタートでーす。
             まずはキャブレターのフルオーバーホールから・・・
             何か月掛かるんでしょうかねー ^_^;,,



  


Posted by kurutodo at 15:40Comments(0)

2016年05月28日

宗像よりご来店でーす!

            雨の合間にご来店のWR250Rさんは宗像から高速を使つての
            ご来店でした。
            今日の作業はタイヤ交換で終了!!



  


Posted by kurutodo at 18:23Comments(0)

2016年05月28日

ETC取り付け完了でーす!

           雨の中福岡市南区日佐よりご来店のセロー250さんのETCの取り
           付けが完了しました(^_^)v...
           お気をつけてお帰り下さいねー・・・


  


Posted by kurutodo at 16:09Comments(0)

2016年05月27日

リヤサスオーバーホール完了でーす(^_^)v...

                長らくお待たせしまししたm(__)m...
                リヤサスのフルオーバーホール完了でーす!!


  


Posted by kurutodo at 14:25Comments(0)

2016年05月26日

MotoGPマーベリック・ビニャレス選手ヤマハと契約です!

MotoGP世界選手権マーベリック・ビニャーレス選手と2年間の契約を締結
ヤマハ発動機株式会社はこのたび、マーベリック・ビニャーレス選手と、MotoGP世界選手権2017・2018年のファクトリー契約を締結しました。
 2017・2018年は、バレンティーノ・ロッシ選手のチームメイトとして、「Movistar Yamaha MotoGP」からYZR-M1で参戦します。
 ビニャーレス選手は、1995年1月12日、スペイン・カタルーニャ州・フィゲラス生まれの21歳。2011年にGP125で世界選手権にデビューし、ランキング3位を獲得。2013年にはMoto3のチャンピオンに輝きました。2011年にGP125、2014年にMoto2、2015年にはMotoGPで、それぞれルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。2016年は、第5戦終了時点でMotoGPランキング5位につけています。
(以上ヤマハレースサイトの記事になります)

  


Posted by kurutodo at 19:58Comments(0)

2016年05月26日

最近何故かアメリカンカスタム車がよくいらっしゃいます!

            最近何故か色んなカスタむ車のご来店が増えているような^_^;...
            今日のご来店はDS-4のカスタム車さんでしたが・・・乗り辛そう
            でしたねー

  


Posted by kurutodo at 16:51Comments(0)

2016年05月23日

電動自転車PASの販売もしてまーす(^_^)v...

               今日は久しぶりにヤマハPASの納車でーす!
               バイク屋さんでもPASは売っているんですよねー・・・

  


Posted by kurutodo at 15:06Comments(0)

2016年05月23日

MotoGP第6戦イタリアグランプリの結果です!

昨日開催されたMotoGP第6戦イタリアグランプリの結果がヤマハレースサイトよりアップされていますので覘いてみませんか(^_^)v...
今回はJ・ロレンソ選手は今季3回目の優勝でポイントランキングもトップに浮上しました。
V・ロッシ選手はマシントラブルによりリタイヤとなりました。
(以降はヤマハレースサイトの記事の抜粋になります。)
ロレンソが今季3勝目獲得でヤマハ100回目のMotoGP勝利!Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、ムジェロ・サーキットで優勝。これはヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームとして、2002年に始まった近代4ストローク・マシンによる最高峰クラスでの、100回目の記念すべき勝利。また同時に、2016シーズンにおける3連勝にもなった。チームメイトのV・ロッシは序盤、見事なパフォーマンスを見せてロレンソとトップを争ったが、9ラップ目、メカニカルトラブルによりリタイアを余儀なくされた。
ムジェロ・サーキットは、Movistar Yamaha MotoGPの戦いを見ようと詰めかけた大勢のファンであふれていた。J・ロレンソは毎ラップをトップでライン通過。完璧なライディングを披露して優勝を飾った。チームメイトのV・ロッシも序盤は好調だったが、技術的トラブルのためリタイアとなった。
ロレンソはグリッド5番手から絶好のスタートを切ってホールショット。ロッシがそのテールにぴったりとついて、1周目を1-2で終了。ふたりの差はなかなか変わらなかったが、次の第1コーナー進入でロッシが動いてトップに浮上。しかしロレンソも離れず、ロッシがはらむ間に再びトップを奪い返した。
前方クリアのロレンソがペースを上げて何とかロッシを引き離そうとするが、ロッシは後方からプレッシャーをかけ続け、虎視眈々とチャンスを窺う。ロレンソもその隙を与えまいと注意深く走行しながら、最終的に抑えきることを念頭に、第1コーナー進入では必ずトップをキープした。
その後ロッシは、メカニカルトラブルによって戦線離脱。これでロレンソはプレッシャーから解放されたが、終盤になるとM・マルケス(ホンダ)がじわじわと接近。シリーズポイントではわずか5ポイント差のふたりが、勝利をかけてバトルすることとなった。最終ラップでは激しい抜き差しを繰り返し、ロレンソはスカルペリア・コーナーで予想外のオーバーテイクを試みるも実らず。しかし経験を生かし、最終コーナーを待ってトップで立ち上がり、今季3勝目を達成した。マルケスとの差は0.019秒。
一方、ポールポジションからスタートしたロッシは、ロレンソのテールについて2番手で第1コーナーへ。そのままぴったりとついて離れず、2ラップ目の第1コーナー進入では一旦トップに立った。しかし、わずかにはらむ間に再び逆転された。地元ファンの熱狂的な応援を背に、ロッシはその後も懸命にロレンソに食らいついたが、9ラップ目技術的な問題が発生してリタイアを余儀なくされた。
ロレンソは25ポイントを加算して合計115ポイント。2位以下に10ポイント差をつけてランキング・トップをキープした。ロッシは合計78ポイントで3位。ロレンソとの差は37ポイントとなっている。
好調のスミスがサテライトトップを獲得
Monster Yamaha Tech 3のB・スミスが、ムジェロ・サーキットで行われた第6戦で7位獲得の大健闘。グリッド3列目から絶好のスタートを切ったスミスは、第1コーナー進入までに3番手に浮上。その後いくつか後退するも、リズムをつかんで好調な走りを続け、好タイムを連発しながら上位グループへの復帰を目指した。
レース中盤で8位を走行していたスミス。前方を行くスズキ・ファクトリーのA・エスパルガロに照準を合わせ、15ラップ目にこれをパス。その後は順調にアドバンテージを広げ、そのまま7位でチェッカーを受けた。トップとの差は13.340秒だった。
一方、スミスのチームメイトのP・エスパルガロは厳しい展開。転倒を喫して再スタートし、15位でゴールした。グリッド5列目からスタートしたエスパルガロは、オープニングラップで大きくはらんで15位まで後退。しかしその後も集中を切らさず、懸命に挽回を図り、レースの三分の一が終了するまでに3台をパスすることに成功した。
その2ラップ後にはミスをおかして転倒してしまったが、すぐに再スタートして、もう一度挽回。ポイント圏内最後のポジションを取り戻し、チェッカーを受けた。次回はモンスター・エナジーがスポンサーとなるカタルニアGP。エスパルガロのホームレースでもある。

詳しくは下記URLよりヤマハレースサイトを覗いて下さい。

http://race.yamaha-motor.co.jp/motogp/2016/rd06/160522-rd06.html#_ga=1.129827788.1502206816.1460953503


  


Posted by kurutodo at 09:17Comments(0)

2016年05月21日

今日の珍しいご来店車さんでーす!

             午後からDSC1100トライクさんがごらいてんでーす!
             今回はフロントタイヤ・ブレーキパット・オイル交換・他
             での修理であした・・・ヘルメットハカブッテクダサイネー...


  


Posted by kurutodo at 17:00Comments(0)

2016年05月20日

クーパー・ウェブ選手がYZ250Fで2年連続チャンピオン!

 2016年5月7日(土)、AMAスーパークロス選手権・第17戦ラスベガス大会(最終戦)で、「Yamalube Star Yamaha Racing Team」からYZ250Fで参戦するクーパー・ウェブ選手が、250SXウエストで2年連続となるチャンピオンを獲得しました。
 ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ2016シーズン、ウェブ選手は初戦から3連勝と最高のスタートを切ります。第4戦は21位に終わり、それまでのアドバンテージを使い果たしますが、その後の4戦を、2位2回、優勝2回としトップに浮上。ランキング2位と16ポイント差でラスベガス大会を迎えました。
 しかしウェブ選手は、事前の練習で左手首に怪我を負い、今大会を満身創痍で迎えます。その本番はマディコンディションとさらに不利な状況となり、タイトルを争うライバルが優勝。それでも、ウェブ選手はランキングトップをキープできる順位でレースを進め11位でゴール。わずか1ポイント差ながら逃げ切り、2年連続となる250SXウエストのチャンピオンに輝きました。
 なお、最高峰の450SXは、「Monster Energy/360fly/Chaparral/Yamaha Factory Racing」のチャド・リード選手がランキング5位。250SXイーストでは、ウェブ選手のチームメイトであるアーロン・プレシンジャー選手が1勝含む4度の表彰台を獲得しランキング2位。同じくチームメイトのジェレミー・マーティン選手が、2勝を含む5度の表彰台を獲得しランキング3位となり、ヤマハライダーが大いに活躍するシーズンとなりました。
(以上ヤマハサイト記事の抜粋になります)

  


Posted by kurutodo at 18:29Comments(0)

2016年05月20日

MT-09さんカスタム完了でーす(^_^)v...

           今回のMY-09さんはサスペンション・マフラー交換・サブコン組込み
           等のカスタマイズでもう一台買えるくらいの金額になるのかな・・・?




  


Posted by kurutodo at 12:56Comments(0)

2016年05月16日

全日本モトクロス選手権第3戦中国大会の結果です!

今回はヤマハファクトリーレーシングチームの平田選手と三原選手ががやってくれましたヽ(´▽`)/
次戦の菅生が楽しみですね!!
〈以降はヤマハレースサイトの記事の抜粋になります〉
「スタートダッシュはライバルに奪われましたが、もうそれを止める準備はできたと思います。この大会は勝負のレースです」。この田島久誌監督の言葉通り、第3戦中国大会の「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」は、第1ヒートで2・3位、第2ヒートは1・2位。ライバルたちに反撃の狼煙を上げ、競り勝ち、最大の脅威としてその存在感を示したレースとなった。一方のIA2は、依然としてライバルが強さを発揮したが、ここまで納得の成績を残せていなかった「YAMALUBE RACING TEAM」の渡辺祐介が両ヒートで3位と結果を残し、トップを争うステージへと駒を進めることとなった。

IA1:第2ヒートで平田と三原がワンツーフィニッシュ

第1ヒートは、頂点には届かなかったが、第2戦の第2ヒートと同様、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」が、3つの表彰台の内2つを奪い、着実に頂点に近づいていることを証明するレースとなった。

レースは、成田亮(ホンダ)がホールショット、熱田孝高(スズキ)、新井宏彰(カワサキ)が続く。これに対し三原が5番手、平田が7番手で1周目を終えるが、追い上げて、熱田と新井に接近。ヤマハの2人は、厳しい競り合いを続け、平田が成田の後方に上がったのは8周目、レースがほぼ半分の過ぎた頃だった。前方がクリアになった平田は、ラインを駆使して成田を追撃。7〜8秒の差を縮め、一時は約3秒差まで持っていく。

また、三原も3番手に上がり、平田と成田を追うが、そのままチェッカーとなった。平田は今季3度目の2位、三原は今季4度目の表彰台獲得と、第2戦に続き2度目のダブル表彰台を達成した。

第2ヒートは、まさにヤマハショーとなる。まず、平田のホールショット、そして三原がこれに続く完璧なスタートを決める。1周目に成田にトップを奪われるが、しっかりと食らいつき、まず三原が仕掛けた。平田をかわし、その勢いで成田に迫り、トップへ。これに触発された平田も成田をかわし、序盤でワンツー体制を築き、これまで、誰も崩せなかった成田の壁を崩す。

さらに、後続を引き離しながら、チームメイト同士がバトルを披露し、今度は平田が三原をかわしてトップに立つ。これで平田は、得意な逃げのパターンに入るが、三原もこれを許さずに食らいつく。その差は2秒まで縮まったが、平田は終盤に好タイムを連発して逃げ切り、今季初優勝。昨年1年間欠場したブランクからの完全復活を証明した。一方、最後は力尽きた三原だったが、今季最高位となる2位を獲得。そしてこの瞬間、ヤマハのワンツーフィニッシュが完成した。

IA2:渡辺が両ヒートで3位、総合では2位を獲得

第1ヒート、ホールショットは、ここまで好調の岡野聖(フライングドルフィン サンセイ)。抜群の反応で他を置き去りにして、第1コーナーをトップで駆け抜ける。一方の渡辺も6番手と、上位グループでレースを開始。序盤は、岡野、竹中純矢(カワサキ)、能塚智寛(ホンダ)がトップ争いを展開。岡野は粘るが、能塚と竹中にポジションを明け渡し、渡辺、古賀太基(ホンダ)の第2グループに吸収される。

この3位争いでは、渡辺のタイムが速く、3番手を確保するが、岡野を話すことができずヤマハ対決になる。しかし、その岡野もアクシデントで後退すると、渡辺が単独となりそのまま3位でゴール。開幕から5ヒート目、ついに表彰台を獲得した。なお、優勝は能塚、2位は竹中。

続く第2ヒートでは、IA1に負けないドラマチックな展開をヤマハライダーが演出する。まず、スタートは再び岡野がホールショットで、渡辺も続き、序盤のトップ争いは2人に能塚、竹中が加わり、激しい攻防を繰り広げる。ところが2周目、渡辺が転倒。竹中も4周目に転倒し脱落する。そして岡野もトップを守れず、能塚がまたしても独走状態を築く。

一旦表彰台圏内から姿を消した渡辺だったが、勝負は捨てていなかった。安定して速いタイムを刻み、確実に上位との差を詰めると、13周目を終えて4番手。3番手、古賀との差は6秒強と、ついに表彰台を視野に入れると、さらにラスト2周で古賀の背後へ。2人はここで激しいバトルを開始するが、マシンが接触し、渡辺が大きなタイムロスで距離は拡大する。しかし、最終ラップで再び追いつくと、表彰台に対する互いの執念が、再び接触へと繋がってしまうが、今度は渡辺が競り勝ち最終ラップでの大逆転を達成。2番手を走る岡野とともに、表彰台を獲得すると、総合成績でも2位を獲得した。

レディース:安原さやが表彰台にあと一歩の4位入賞

レディースクラスは、安原さや(名阪レーシング)が、1周目を9番手と出遅れるが、混戦の序盤にもかかわらず一気に挽回。2周目に3人をかわして5番手とすると、すぐに4番手として、表彰台に後一つに迫る。さらに、ランキング上位陣を相手に激しく追い上げ、3番手の背後につける。しかし、ここから勝負させてもらえず4位でレースを終えた。また、本田七海(TEAM KOH-Z)は、6番手を走行中の3周目、アクシデントで11番手までポジションダウンしたが、最後まで諦めず追い上げ、8位でゴールした。

次回の第4戦SUGO大会は、宮城県のスポーツランドSUGOで6月5日に決勝が行われる。

詳しくは下記URLよりヤマハレースサイトを覗いて下さい!

http://race.yamaha-motor.co.jp/jmxia1/2016/rd03/160515-rd03.html#_ga=1.64292463.1502206816.1460953503

  


Posted by kurutodo at 10:53Comments(0)

2016年05月15日

今日は宮崎市内からご来店でーすo(^▽^)o

             今日は朝からお客車んが沢山来店されてまーすo(^▽^)o...
             今日の一番遠いお客車んは宮崎市内から起こしのCB750
             さんでーす!!


  


Posted by kurutodo at 16:00Comments(0)

2016年05月09日

MotoGP第5戦フランス大会の結果でーす!

昨日開催されたMotoGP第5戦フランス大会の結果がYAMAHAレースサイトよりアップされていますので覗いてみませんかヾ(@⌒ー⌒@)ノ(以降は記事の抜粋になります。  

ロレンソが今シーズン2勝目でランキングトップへ浮上!
ロッシは2位表彰台を獲得、エスパルガロは5位入賞

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、ポールポジションから今シーズン2度目の優勝を果たし、ランキングトップに浮上。V・ロッシは、7番グリッドから見事な追い上げで、2位でチェッカーを受け、20ポイントを獲得した。

ロレンソは、ポールポジションからホールショットを決めると、1周目で0.4秒のアドバンテージを築く。さらにペースを上げたロレンソは、追随するドゥカティのA・イアンノーネ、A・ドビツィオーゾを引き離していった。5ラップを終え、前方も後方もクリアになると、1分33秒台のハイペースで走行しながら、後続との差を一気に2秒以上に拡大。その後も順調に走行を続け、ポール・トゥ・フィニッシュの完璧な勝利とともに、M・マルケス(ホンダ)を抜いてランキングトップ浮上した。

ロッシは、スタートで7番グリッドから6番手に上がり、オープニングラップはMonster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロ、B・スミスとバトル。この2人をパスしたあと、3ラップ目にはA・エスパルガロ(スズキ)を捉え5 番手へ。さらにペースを上げて1分33秒293のファステストラップを記録するなど、マルケスとの差を縮めていった。

8ラップ目にイアンノーネの転倒があり、4番手へ浮上したロッシは、ファンの大声援を受けながら9ラップ目にマルケスに勝負を仕掛けかわすと、さらにドビツィオーゾも捉え2番手に浮上する。マルケスとドビツィオーゾが懸命に追ってきたが、第7コーナーでともに転倒し、ロッシは単独走行となる。この時点でロレンソとの差は5.2秒に開いており、これを詰めることはできなかったが、3番手のM・ビニャーレス(スズキ)とのアドバンテージをキープし2位でゴールした。

これにより、ロレンソは25ポイント、ロッシは20ポイントを加算。ロレンソが合計90ポイントとなり、2位のマルケスに5ポイント差のランキングトップ。ロッシは合計78ポイントで3位をキープし、マルケスを7ポイント差で追う。

Monster Yamaha Tech 3のP・エスパルガロが、今季最高の5位を獲得した。午前中のウォームアップ・セッションで3番手につけ、自信をもって臨んだ決勝。グリッド2列目から好スタートを切り、ファクトリー・マシンと競り合いながら3番手で第1コーナーに進入した。しかし、4ラップ目にコーナーではらんでしまい8番手まで後退するが、その後も集中を切らさず周回を重ね、21ラップ目にA・エスパルガロ(スズキ)を捉えて5番手に浮上。残りの7ラップではアドバンテージを拡大し5位でチェッカーを受けた。

グリッド2列目からスタートしたB・スミスは、オープニングラップを8番手で終了。その後はリズムをつかんで順調に走行を続け、レース中盤には7番手に上がった。しかし、それから7ラップ後の第5コーナーで転倒しリタイアとなった。

http://race.yamaha-motor.co.jp/motogp/2016/rd05/160508-rd05.html#_ga=1.165030655.1502206816.1460953503

  


Posted by kurutodo at 14:28Comments(0)

2016年05月07日

XJR乗りのK男さんご来店でーす!

          今日はJJR400 一号車でご頼廉です・・・同じ色のXJR400二号車
           にSR500・エイプ100・TZM50R・レッツ・他・・・何台持つてたっけ?
           XJR400を売りたいそうですが誰か買いたい方いませんか・・・?
           お探しの方はYSP・南くるめ迄お問い合わせ下さい!!

http://www.ysp-minamikurume.com/shop-description.php?ID=1440416262

  


Posted by kurutodo at 16:21Comments(0)

2016年05月07日

今日午前中の修理車さんはTW200ビッグフットさんです!

            今日午前中の修理車さんは16年前のTW200ビッグフット車ん
            から始まりました。
            今回はタイヤ交換・バッテリー交換・点検整備・他で終了でした!
            TWは今でも根強い人気なんですよねヽ(´▽`)/...


  


Posted by kurutodo at 12:24Comments(0)

2016年05月06日

昨日は小石原民陶むら祭りに行って来ました!

           昨日は20数年ぶりに小石原民陶むら祭りに行って来ましたヽ(・∀・)ノ
           昔来ていた頃とあまり変わっていなかったので妙に懐かしくあちこち
           歩き廻って今日は足が痛いです(-_-;)...




  


Posted by kurutodo at 12:18Comments(0)